ラノベの主人公の設定を考えてみた! \(^ω^)/ (2015/11/03)

~はじめに~
当ブログにお越し頂きまして、ありがとうございます。 左上の方の 『カテゴリ』 で各カテゴリ(各マンガ)の古い方の記事から見ることができますです。 あと、姉妹ブログ『 もんはん! (モンハンの4コマ漫画とか) 』も見て頂けますと、更にウレシスです…。 (^ω^;)   以下からが今回の記事の本題(?)です。

1koma_Ranobe_00001_161007

落第騎士やアスタリスクを観ていたら、
「…なんか私でもラノベ書けるんじゃあなイカ…?」と思えてきたので、
設定を考えてみますた…。 (^ω^;)
とりま、今回の記事に関連する(以前の)記事のリンクを下記しましたので、
ご興味のある方はご覧いただけますとウレシスです…。 (^ω^)

ラ ノ ベ の メ イ ン ヒ ロ イ ン を 考 え て み た ! \(^ω^)/

ラ ノ ベ の 設 定 ( 世 界 観 ) を 考 え て み た ! \(^ω^)/ (2015/11/01)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

では、ここからが今回の記事の本題(?)です。

今回は主人公の設定を考えてみたいと思います。
とりま設定(文章)だけ書いて、気が向いたら後日イメージイラスト的なものを描いてみよーかなー…と。
まぁ、絵は下手なんですけどね…。 (^ω^;)
…ってか、(絵だけじゃなく)文章も下手なんですけどネ…。 (^ω^;)

尚、下記設定の中には以前の記事(上記リンク参照)の中に出てきた厨二的な用語がたびたび出てきますので、
ご了承下さい…。 (^ω^;)



■主人公の設定
 外見
  年齢15歳(物語冒頭での年齢) 高1
  黒髪
  そこそこイケメン
  身長は普通(170cmくらい)
  ※ラノベの読者のメインは男子中高生だと思う(ってか、私(管理人)は勝手に そう思ってる)ので、
   男子中高生が感情移入しやすい外見にする。

 「四菱重工」の社長の長男
  (四菱重工…「東京大災厄」以前は家電から重機まで幅広く扱っていた電機・機械の
          製造開発大手メーカーだったが、「東京大災厄」以降は「魔素(エナ)」の研究に注力している。
          また、「魔素」を利用した対妖魔兵装の開発にも力を入れている。)

 武器は剣。

 得意魔法は「身体強化」系。
  常人の「魔力」は概ね25~75程度、六星学園(通称アスタリオン/対妖魔戦闘員育成機関)の生徒の魔力は概ね
  250~750程度であるが、主人公の「魔力」は200程度しかない。
  (ちなみに、「魔力」の数値はサングラス状の簡易魔力分析器「アナライザー」で測定できる。)
  よって、主人公は一般生徒(モブ)たちからは軽んじられており、「劣等生」や「ワースト1」や
  (剣を使うことから)「落第剣士」などと蔑まれることも…。
  だが、生まれつきの高い身体能力を更に「身体強化」の魔法で強化・上昇させることにより、
  「魔力」200の「落第剣士」とは思えない戦いぶりを見せることもたびたび。

 常に両腕にブレスレットを身に着けている。

 主人公が子供の頃(小学3年生の時)、身代金目当ての誘拐に会い、車で連れ去られたことがあった。
 が、連れ去られている途中に その車が突如大爆発を起こし、犯人も車も消滅し、地面には直径100mもの巨大な
 クレータが生じていたのだが、主人公だけは何故か無事で、そのクレーターの中心部で気を失って倒れていた。
 警察や調査機関による調査が行なわれたがハッキリとした原因はわからず、当時の警察は妖魔の仕業と結論付けた。





 以下、主人公の「ネタバレ設定」を書いてみたいと思います。





  主人公の「魔力」は「エナ・アナライザー」での測定値は「200」程度しかなく、学園で最下位クラスだが、
  実は主人公の「魔力」には秘密がある…。

  今から16年前…主人公の 父は四菱重工の副社長 で 母は「魔素(エナ)」研究の主任技術者 であった。
  ある時、「魔素(エナ)」の研究中に事故が発生!
  母は瞬間的にだが濃度100%の「魔素」を浴びてしまい、更に数時間もの間(救出されるまで)魔素濃度 数十%の
  部屋の中に閉じ込められてしまった。 (通常の大気中の魔素は1%程度。)
  魔素自体は身体への悪影響は無く、また、魔素の影響は幼少時に大量に浴びるほど強く影響が出る為、
  既に成人していた母親には特に大きな影響はなかった。
  …が、その事故の時点で母は(父との子を身ごもっており)妊娠初期だった…。

  父と母は生まれてくる我が子(主人公)への魔素の影響を懸念・心配し、
  生まれる前の(おなかの中の胎児の)主人公や生まれた後の主人公を
  時おり(悪い意味でなく)四菱重工の研究施設で検査等を行ったりしながら、見守っていた。

  特に何ごともなく9年が過ぎた…9歳(小3)になった主人公…両親は「この子(主人公)は魔力値も同世代の子と
  そんなに大差ないし、あの事故での影響(主人公の胎児の時の魔素の影響)はなかったんだ…よかった」と
  安心しきっていた…。
  その時、事件が起きた!

  主人公が小学校に入学して3回目の夏休みに事件は起こった…。
  四菱重工の社長になった主人公の父親…その長男である主人公の身代金目当てによる誘拐事件が起こったのだ!
  犯人たちは主人公を誘拐して自動車で逃走。 しかし、その逃走中に…車を中心として巨大で まばゆい光の球体が
  現れたかと思うと、次の瞬間に光は消えていた。 そして、後には直径100mほどもある巨大なクレーターと、
  クレーターの中心で気を失って倒れている主人公の姿だけが残った…。

  やはり主人公の身体は…体内の魔力は常人のそれとは違っていたのだ。 おそらく、この誘拐事件による精神的な
  負荷…恐怖、怒り、ストレス、等により暴走し、強大な「魔力」が「覚醒」し、暴走してしまったのだろう。
  そして、その「覚醒」以降、主人公の身体からは常に膨大な魔力があふれ出し、制御が効かなくなりつつあった。
  このままでは、いつまた、なにかのショックで暴走してしまうかもしれない…また、直径100mもの広範囲の
  周囲の物体や下手をしたら人間も巻き込んで消滅させてしまうかもしれない…。
  (既に、(相手が凶悪な誘拐犯だったとはいえ、)9歳の主人公は意図していなかったとはいえ、その魔力の暴走で
   犯人たちを自動車ごと消滅させてしまっている。)
  「かわいそうだが…」こんな危険な状態のまま息子に普通の生活をさせることはできない…学校に通わせることは
  できなかった。 万が一、学校で暴走してしまったら、何百、何千人もの生徒や教師の生命が脅かされかねない。

  両親は嘆き悲しんだが、そう悲しんでばかりもいられなかった。 幸いにも、「魔力(エナ)」の研究では最先端を誇る
  四菱重工…父親はその社長 で 母親は「魔力(エナ)」研究部門の室長だったこともあり、両親は息子(主人公)が
  できるだけ人並みの生活が送れるよう、研究を重ね、遂に主人公の魔力を制御する一対(2ヶ)のブレスレットの
  試作品を開発した。

  主人公は このブレスレットを両手首にはめ、2035年5月頃から六星学園(対妖魔戦闘員育成機関)に通うように
  なる。 
  ※それまでは、魔力制御装置であるブレスレットが なかった為、主人公は学校・学園生活を経験したことがない。
   だが、学業は家庭教師に、スポーツはインストラクターに、それぞれ教わっている。
   尚、一般常識などは、ネット・漫画・アニメ・ゲーム、などによる独学(?)。
   また、ネット上での友達はけっこういる。 (前述のように あまり学校に行いけなかった分、ネットの時間が多かった?)
  ※普通、このような生い立ち(魔力が暴走する。小中学校に通えなかった。等。)だと、暗い性格になりそうだが、
   この主人公は自己の生い立ちに対して そんなには悲壮感を抱いていない。
   (ただ、9歳の時に(凶悪誘拐犯とはいえ)犯人数名を、主人公自身の意図しない魔力の暴走で殺めてしまった
    (消滅させてしまった)ことに対しては、若干 後ろ暗い思いは感じているが…。)

■主人公の魔力について
 まず、常人の魔力は概ね25~75で、主人公の通うことになる六星学園(アスタリオン)の生徒の魔力は
 概ね250~750である。
 主人公の(ブレスレットで制御中の)魔力は200程度。 これは、学園で最下位クラスである。
 その為、主人公は「劣等性」とか「ワースト1(ワースト ワン)」とか(武器が剣であることから)「落第剣士」
 などと呼ばれることになる。

 なぜ、主人公の(ブレスレット装着時の)魔力が200程度なのか(500とか750にしないのか)というと、単純に、ブレスレットが
 まだ開発・試作品段階で、微調整ができないからである。
 (ブレスレットの一番の目的は、あくまで、主人公の膨大な魔力を抑え、暴走させないことである為。)
 調整ができるものなら、主人公自身も魔力750くらいに設定したいと思ってはいる。
 (物語が進めば、ブレスレットの研究・開発も進んで、250~1000まで調整できるようになる…かも?)
 ※ってか、このラノベ設定も半分シャレで書いてるだけなんで、本当にラノベを書く可能性は低いですが… (^ω^;)

 尚、ブレスレット2ヶの内、1ヶを解除した場合の魔力は、学内序列1位や上級魔族(眷属)と同等以上。
 2ヶとも解除した場合は…未知数である。
 (但し、解除した場合は、「暴走」のリスクも生じる。)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

とりま、今日のトコはこんな感じですかね~…
まぁ、どっかで見たことあるよーな設定の寄せ集めですけど… (^ω^;)

では、また! (^ω^)ノシ




ランキングに参加しておりまして…。
クリックして頂けると すごいウレシスです…。

m( _ _ )m
 ↓ポチッ!?
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

Twitterもやっております。
まぁ、ほとんど、アニメやマンガに関することばかりをつぶやいてるんですけどね…。
Twitterはコチラになりますです。
(^ω^;)
スポンサーサイト
[ 2015/11/03 22:23 ] 自作ラノベとか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chuu2nakou2.blog79.fc2.com/tb.php/1292-c34a841e