N星の神龍はちゃんと「可能な限り」って前置きするのに…(Scene114)

00114_1komame
今回の4コマ漫画にリンクしてます。
 ↓
Scene114

ポルンガ(ナメック星の神龍)はちゃんと「可能な限り」って前置きするのに、
地球の神龍は前置きせずに「どんな願いもひとつだけかなえてやろう!」みたいに超上から目線で
言ってきますよね?
で、難しい願い事をすると、
「その願いをかなえる事は不可能だ…(私や私を作った神の力を超えているので)」
みたいな返事をする…。
だったら、はじめからポルンガを見習って「可能な限り」と前置きすべきではないでしょうか?
能力的にもポルンガより劣ってるんだし。
(唯一の(?)アドバンテージだった「ひとつの願いで複数の人間を生き返らせる」能力も、
 作品後半ではポルンガもパワーアップして同じコトができるようになってたし。)
なんて言うか…なんか男らしくない感じが…。
…と怒っても(?)しょーもない話ですね。
^__^;)

クリックして頂けるとスゴイ嬉しいです。
↓ m( _ _ )m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chuu2nakou2.blog79.fc2.com/tb.php/73-653f34ad